アーカイブ : 2014年 6月

ネット際の打球の処理

相手からのドロップショットやドロップボレーなどネット際でしかも低い打点でボールを打つ機会があります。この時にネットに向かってストレートに打つと、ボールを高く打ち上げる必要が有り、相手のチャンスボールになることがあります。 [記事全文

正面向きボレーのメリットとデメリット

ボレーは横向き姿勢で打つのが良いと、一般的に言われています。その一方で正面向きのままで打つのだとする指導もあります。
これまでの通説と異なる理論を前面に出す事で一目を集めようとする教材やレッスンも有るかもしれません。
こ [記事全文

ストローク中のフットワーク、選手は急には曲がれない

グラウンドストロークのフットワークとして、ボールの後ろに早く入って前に踏み込むようにすると表現される事が多いようです。時には弧を描くような軌道でステップワークさせるとも言われているようですが、早い展開でラリーが続けばこの [記事全文

サーブでの緊張を解放するこつ

サーブを打つ時に緊張してしまう事は少なく有りません。相手選手のブレークポイントがかかった場面で一球目をフォルトした後ならなおさらです。
緊張はトスの乱れや、スイングの乱れに繋がります。緊張を解放し普段どおりのショットを出 [記事全文

設定どおりにテンションがかからない原因

どんなに高級なストリンギングマシンを使ったとしても、マシンでセットした値どおりのテンションで張り上げていけるかどうかは、作業するその人の腕次第である。
テンションロスの原因はその作業そのものにある。ここに一つの例を紹介す [記事全文

トスアップが乱れないためのヒント

トスアップが乱れてしまう、安定したトスアップが出来ないと悩む方は少なく有りません。
トスアップが不安定になる要素としてボールの持ち方が有ります。
例えばボール投げをするときに苦手な方の中にボールをぎゅっと握ってしまう方が [記事全文

ブパシのサーブ技術

男子ダブルスの名選手と言えばブパシ選手の名前が上がる事でしょう。
ブパシ選手のサーブを見ると、特徴的であり一見すると現代のサーブフォームからずれているように感じるかもしれません。しかし、仔細に見てみれば現代トップ選手の [記事全文