アーカイブ : 2014年 4月

ボレーショットにおける人差し指の使い方

人差し指の使い方一つで、ボレーショットの威力と正確性が大きく変わります。

フォアハンドボレーは人差し指の力を緩めて手首の背屈角度を促します。バックボレーは人差し指に力が入るように中指と密着させることで、手首の撓屈角度を [記事全文

フォアハンドストロークとボレーでの人差し指の使い方

フォアハンドストロークとフォアハンドボレーでは手関節が背屈になる事で、打球に威力と正確性を増すことができます。
この時の背屈を確実にするためには示指伸筋の働きを理解するとよいでしょう。

示指伸筋は人差し指を伸ばす働きと [記事全文

錦織圭選手のモーションキャプチャー分析

錦織圭選手のモーションキャプチャー分析を紹介する映像を紹介します。

2:05あたりで、おしりの周りの筋肉を伸ばして縮める事で骨盤を回していると説明されているように、分析結果からは股関節周りの筋肉が上体の回転運動に重要で [記事全文

グリップを持つ長さの工夫

グリップを持つ時の長さにも工夫があります。
長めに持つか、短めに持つかによってラケットの操作性は大きく変わります。
これはスイング軌道やフォームと言った体の使い方にも影響します。

フェデラーのショットで見る手関節の角度

フェデラーの映像から、手関節の各との使い方を見ていきます。
サーブの後のフォアハンドストロークは打球時に背屈になっているのが分かります。インパクト後には速やかに手関節は中立へと戻されているのも確認できます。
そしてフォ [記事全文

連続写真は嘘をつく〜両手バックハンドのスイング軌道

テニス雑誌などで連続写真を見る事が多いと思います。しかし選手の素早い動きを連続写真は正確にとらえているとは限りません。
ここにその例を紹介します。
(映像引用元:Novak Djokovic – Slow M [記事全文

オープンスタンス打法に見られる体の使い方

オープンスタンス打法に見られる体の使い方について解説します。
ここでは次の3種類を取り上げます。

軸足の伸展動作による方法
体重移動による方法
両足の屈伸方向を入れ替える方法

それぞれのメリットとデメリットを考 [記事全文

Bone Modelの応用事例1

スポーツ中のフォームを3次元で分析可能とするソフトウェア「Bone model」を使った応用事例を紹介します。
今回の解析対象は中野薫氏が提唱するニューパワーテニスメソッドのオープンスタンスからのフォアハンドストロークの [記事全文