アーカイブ : 2014年 1月

打球のために手首のスナップは使わない

ラケットのスイングスピードを上げるために手首のスナップ動作を使うと良いという意見もあります。スナップ動作の弊害を説明するとともに、具体的にどのような手首の使い方が良いかを説明します。

体重を載せて打つ意識の弊害

体重を載せるようにして踏み込んで打つようにと言う指導も聞かれます。体重を載せようとする動作の弊害について説明します。

体幹をフォームの軸にしてはいけない

よく言われるフォームの軸は体幹であるという考えは、実は体のスムーズな回転動作の妨げになる事が多いのです。
実験を交えながら、体の回転軸はどこにあるべきかを分かりやすく説明します

インパクトの衝撃で負けない手首の使い方のヒント

インパクトでは相手のボールのスピードと自分のラケットスイングがぶつかり合い、ラケットを支える手には相当の力がかかります。相手のボールが時速100kmだとして自分のスイングスピードも時速100kmの場合その相対速度は時速2 [記事全文

クルム伊達公子選手のサーブの球種

この映像の中でクルム伊達公子選手は、スピンサーブを打ちたくても打てないとはっきりと言っています。
なぜ打てないか、テニスプレイヤーが知っておくべき体の仕組みと動かし方から考えれば、当然のことに思えるでしょう。
まず、伊 [記事全文

フェデラーのランニングショット(モーグル)

ワイドに遠いボールを追いかけ返球するテクニックをフェデラーの映像を元に解説を行います。
映像のショットはワイド系ショットの中でもコートリカバリーがまだ十分に余裕のあるショットです。これよりももっとワイドになった場合には別 [記事全文

写真、映像からのフォーム分析の限界

愛好家は選手の写真や、映像からそのフォームを参考にすることがあるでしょう。コーチはビデオ映像から選手のフォームを分析することもあるでしょう。しかし、2次元に映し出された写真や映像を見ている限りではそこに認識の誤りが起きて [記事全文

速い走りのメカニズムをシミュレーションで解く

速く走るための足の動きに必要なことは何か?それを解明するためにシミュレーションを使っての検討を行いました。

このシミュレーションはWebアプリとして公開しております。
Run modelシミュレーション
注)シミュレー [記事全文

サーブの打点からサービスエリアを見る

サーブをフォルトなく入れるためには、打点の高さから見たその軌道を知ることも大切です。

日頃サーブを打つときに見た時よりもネットの向こうにあるサービスエリアは広く感じるはずです。
正しいイメージを持つことでサービスの確率 [記事全文

深くよりも浅く打つことで広がる戦術

シングルスの戦術においてボールを深く打つことこそが最重要と考えられがちかもしれません。深いボールを打ち続けることは確かに相手選手をベースライン後方に釘付けするには効果があります。しかしこれだけでは相手からの浅いボールを待 [記事全文