アーカイブ : 2013年 4月

ボールの軌道は放物線を描かない

ボールの軌道は放物線を描くと思いがちだが実際はそうでないことのほうが多い。

放物線つまりy=x^2で表される曲線です。あたかもこのようにボールは飛ぶものだと思われがちだが実際は次のイラストのようになります。

ボールは [記事全文

軸がふらつかないためのヒント

グラウンドストロークやサーブで軸がふらつきショットが安定しないとしたら、それはボディーターンのための身体操作を誤解しているかもしれません。

おもにボディーターンは体幹の捻りで発生しません。股関節の旋回運動に寄ります。股 [記事全文

オープンスタンスを理解する

フォアハンドストロークでオープンスタンスからの打ち方について映像を使って理解します。

(注。映像の配信元の都合で視聴ができなくなる場合があります)
選手たちはオープンスタンスから何種類かのフットワーク分類による打ち方を [記事全文

スクエアスタンスで打つことはコートカバーで不利になる

グラウンドストロークをスクエアスタンスで打ち続けると、気が付かない内にコートの中心にかなり近づいてしまうことがあります。

スクエアスタンスで前足を前に踏み込んでから打ち始めますので、打球後のポジションはどんどん前に行っ [記事全文

目的に対する動作は自然最適化されない

ある目的に対して、それを繰り返すことでその動作は自然と最適化されるだろうという考え方があります。ある人はそうかもしれませんが、そうでないことのほうが多いでしょう。
例えば身近な例で言えばお菓子の袋を開けようとするときの動 [記事全文

アンジー・ムラカミのテニスメソッド ポリシー

テニス理論は様々あります。世界No1選手のテニスを真似すればそれだけで良いのでしょうか?形だけを真似しても、実は身体の中や意識では全く別のことをやっているかもしれません。トップ選手のフォームは目に見える結果でしかありませ [記事全文

サーブの動作のスタート、足元の確認

サーブの動作でも膝の屈伸操作がとても重要となります。
フォワードスイングに入る前には軸足を十分に屈曲させておくこと。そして軸足を伸展する力で同時に骨盤を回転させることで、体全体を使ったダイナミックなフォームでサーブを打 [記事全文

合理的な身体操作のスタート地点

合理的な身体操作で特にフットワークに関する動きについては、股関節、膝関節の屈曲を行うことがとても重要になります。

例えば上のようなフォームでは、膝関節が伸びきっており股関節も伸展状態になっています。股関節の伸展状態は股 [記事全文

片手バックハンドは両腕を広げない

片手バックハンドでは両腕を広げるようにしてスイングすると教わったかもしれません。

ちょうどこのCGのように。しかし、選手たちのフォームを見ているとこのようなことばかりで無いことに気づきます。
また両腕を広げるフォームは [記事全文