アーカイブ : 2013年 3月

握力とラケット角度のキープ

サーブのフォーム中ではラケットの角度が手首関節によって確実に保持されている必要があります。

フェデラーのサーブ by toga, on Flickr
上の写真ではインパクト後ではありますが、前腕の筋肉が隆起しているのが [記事全文

テニスエルボーの原因と対策

テニスエルボーで悩む方は少なくありませんね。そこで肘関節の仕組みと、テニスエルボーになりやすい方の共通するフォームとの関係とで、その原因を探って見ることにします。

肘関節は上図のように一方向に屈曲進展を行います。前後左 [記事全文

ジュニ用ラケットの選び方

ジュニア用ラケットにはサイズによる種類と、素材による種類があると考えます。

サイズによる種類はラケットの長さで区別出来ます。ラケットのフェイスサイズ(面積)はおおよそ100平方インチと一般用のラケットと大差ありません。 [記事全文

花粉症対策

春そして秋は花粉症に悩まされる方も多いのではないでしょうか。プレイ中の花粉症はつらいものです。対策としてマスクやメガネを着用したり、できるだけ花粉との接触を回避する方法を取っている方が多いと思います。
ここではもうひとつ [記事全文

機能解剖学の理解が確かな指導に繋がる

専業のテニス指導者から相談を受けることがあります。今回はトップスピンに必要な一瞬のラケットヘッドのダウンがどうしても再現できない生徒さんが居て困っているとのことでした。

このようなイメージになるでしょう。一瞬のヘッドダ [記事全文

スポーツ分析は二次元で見てはいけない、誤認識の原因

スポーツ分析においてビデオ映像を使うことが多いと思います。一つの方向から見た映像では選手のフォームを間違って認識してしまうことが多く起こりやすく、その誤認識によっては間違った指導になりかねないため特に注意が必要です。

 [記事全文

運動解析の最新技術

スポーツ選手のパフォーマンスアップには、選手の運動解析技術が欠かせません。古くはビデオ映像を用いたものがあり、最新の技術では運動中の選手にセンサーを取り付け、その出力をリアルタイムでモニターするものも、テレビのドキュメン [記事全文