アーカイブ : 2012年 6月

ラケットスイング評価

従来スポーツ選手のプレイ中の動きに関する評価は画像処理によるところが一般的でした。最近ではマイクロセンサー技術とワイヤレス通信技術によるリモートセンシング技術がスポーツ解析の分野において積極的に活用されるようになりました [記事全文

ダブルスのポジション 2人前衛でのポジショニングにおける注意点

ダブルスのポジションについて、2人がネット前に詰めた時のポジション(位置)のポイントについて解説します。
パートナーといっしょにネット近く、サービスボックス内に入った状況を一般的に「並行陣」と言われます。ただ単にネットの [記事全文

手関節を背屈のままにすることがラケットヘッドを加速する

ここでは、グランドストロークで手関節を背屈に保つことでラケットヘッドが加速することについて説明します。
まずは映像を御覧ください。
はじめにフォアハンドストロークで、手関節を背屈にした状態を説明します。手関節の背屈を保 [記事全文

「足ニス」 足の動きでボールを打つ

テニスは「足ニス」と言われることもあります。フットワークの重要性を物語っているのですが、ボールに対して速く追いつく「足の速さ」にばかり注目されるようです。しかし、もっと重要なことがあるのです。
動き出しの遅いプレイヤー、 [記事全文

両手バックハンドのグリップ

両手バックハンドのそれぞれの手のグリップ角度について考えてみましょう。
両手バックハンドの左右の手の役割はテコの原理を実現するために、前側の手が支点後ろ側の手が力点になるように働きます。それぞれの機能を実現するためにふさ [記事全文

両手バックハンドのテコの働きを増すヒント

両手バックハンドでは両手の動きの協調動作によってラケットをシャープにスイングすることが出来るのです。それはテコの原理を活かすことになるのです。
右利きの場合、先行する方の手である右手はテコの支点、後ろにある左手が力点の役 [記事全文

軸足の働きに意識するメディシンボールトレーニング

打球時のフットワークについてはいくつかの種類があります。そのどれもが軸足の使い方を正しく理解していなければ、足の形だけを真似しても正しいスイングフォームは生まれて来ません。もし、フットワークメソッドにおいてその習熟が思う [記事全文

科学的評価がトレーニングの効果を最大化する

スポーツに限った話ではなく、いわゆるトレーニング全般に言えるのだが、トレーニングの効果を測るには何らかのスケール(尺度)が必要になります。例えばそろばんの練習ならば、正答率や時間といった定量的な評価が可能です。スポーツで [記事全文

ナダルのフォアハンド、ラフ分析

ナダルの練習風景映像からフォアハンドストロークのフォームについてラフに分析したものをメモしておきます。
Youtube動画を開く
足の動き:
バックスイングの時に軸足(左利きフォアハンドオープンスタンスは左足)のつま先の [記事全文

軸の意識が安定性を生む事例

テニスのスイングにおいて軸の意識は重陽だと言われます。今回は軸の重要性ついて身近な例を紹介します。
文字を上手に書くのも軸の意識
文字の上手な書き方について習う機会は殆ど無いかもしれません。上手に書くためには自分の思った [記事全文