アーカイブ : 2012年 1月

ボレーのグリップ、指によるテコの原理

ここではボレーショットでのグリップとその時の指によるテコの原理の考えについて説明します。

まずはフォアハンドボレーから説明します。まず始めにフォアハンドボレーに必要な手首角度関節の背屈になっていることを確認してくだ [記事全文

トスアップする腕の使い方

サーブの動作の中でトスアップする腕の使い方についてここでは説明します。

上の図のようにトスアップで使った腕はできるだけ高く上げるようにします。この時に手の甲が自分の顔の方に向くようにします。こうすることで肘は体の左側へ [記事全文

手首関節の矯正器具を使ったトレーニング

フォアハンドストローク、両手バックハンドストローク、フォアハンドボレーでは手首関節が背屈になることが重要です。またバックハンドストローク、片手バックハンドボレーでは手首関節が撓屈になることが重要です。
しかし手首関節の角 [記事全文

作用反作用および運動連鎖の各ショット、フットワークへの応用について

ショットやフットワークにおける物理的な運動については、一般的に運動連鎖と呼ばれる動作と、作用反作用と呼ばれる互いに相反する動作のそれぞれもしくは両方を使って説明することができます。
まずは次のイラストを御覧ください。

 [記事全文

インパクト後のラケットの動き(バックハンドスライス)

ここでは片手バックハンドストロークで打たれたボールにスライス回転(アンダースピン)が作用する原理について、インパクトの瞬間そしてその直後にラケットがどのように動いているのかその理想状態について説明します。
ここでは理想的 [記事全文

インパクト後のラケットの動き(バックハンド、トップスピン)

ここでは片手バックハンドストロークで打たれたボールにトップスピン回転が作用する原理について、インパクトの瞬間そしてその直後にラケットがどのように動いているのかその理想状態について説明します。
ここでは理想的な片手バックハ [記事全文

インパクト後のラケットの動き

ここではフォアハンドストロークで打たれたボールにトップスピン回転が作用する原理について、インパクトの瞬間そしてその直後にラケットがどのように動いているのかその理想状態について説明します。
ここでは理想的なフォアハンドスト [記事全文

股関節の柔軟性とニュートラルスタンス

テニスにおいてあらゆるショットでは股関節の動きが重要になります。サーブ、ストローク、ボレー、オーバーヘッド。ジャンプする場合や、膝の屈伸を使う場合、またスプリットステップやドロップステップを使う場合にも、股関節を柔軟にそ [記事全文

スピンサーブのトスアップ位置の目標

ここではスピンサーブのトスアップの位置の目標について解説します。
まずは、フラット/スライスサーブでのトスアップの位置について次の図で確認しましょう。

左上の図はトロフィーポーズに対して打点の位置がどのあたりにあるか [記事全文

スピンサーブとフラット/スライスサーブの差異について

ここではスピンサーブとフラット/スライスサーブの球種の違いによるフォームの差異について詳しく見ていきます。
まずはフラット/スライスサーブのトスアップから打球までの一連の流れを次の図で確認しましょう。

(図をクリックで [記事全文