アーカイブ : 2010年 12月

両手バックハンドの左右の手は密着させる

両手バックハンドの両手の役割については他の記事でも触れてきました。もう一度ここでおさらいをしておきましょう。

両手が同じ速度で動かされる場合にはラケットヘッドのスピードもほぼ手のスピードと同等になることでしょう。

一 [記事全文

ボールがツーバウンドするまでに出来ること

浅いボール、ワイドに振られたボール、頭上を抜かれたロブ。テニスの基本であるボールを追いかけることを諦めてしまってはいませんか?テニスはボールがツーバウンドするまでにラケットで打ち返せば良いのです。追いつけない、間に合わな [記事全文

ネットに出るタイミング

サーブ、リターン、ストロークなどの後に積極的に攻めに転じるためにネットへと詰め寄る事があります。始めのうちはネットに詰めるタイミングに迷うことがあるでしょう。無理にネットに詰めた結果、中途半端なポジションで相手からのボー [記事全文

浅いボール、低い打点で打つ場合はローボレーの要領で

相手からのボールが浅くなったときや、ドロップボレーを打たれたなどで、ベースラインから打点へと駆け込んだときには既に打点が地面ぎりぎりになってしまうことがあります。これをラケットをスイングしてボールを打とうとすれば、スイン [記事全文

両手バックハンドは、両手をテコのように動かす

両手バックハンドは、両手の力を使える分ラケットを力強くスイングできると考えることが出来ます。しかし実際に多くの方は、スイングが思うように速くならず、頑張った割にはボールが強く打てないといったことを感じていることがあるのか [記事全文

片手バックハンドの基本フットワーク

片手バックハンドストロークでは、一般的にクローズドスタンスの場合とスクエアスタンスで打つ場合が多く見られます。それぞれのスタンスで打つ片手バックハンドストロークについて、フットワーク=足の使い方の違いによるそれぞれの動作 [記事全文