カテゴリー : ボレー

ボレー、サーブ、スマッシュに相応しいグリップ角度

ボレー、サーブ、スマッシュにはグリップを握る角度を「コンチネンタルグリップ」にするのが良いとされています。
体の仕組みとテニスのための体の使い方から考えても、ラケットフェイスの角度を一定にし、打球精度を向上させるためには [記事全文

正面向きボレーのメリットとデメリット

ボレーは横向き姿勢で打つのが良いと、一般的に言われています。その一方で正面向きのままで打つのだとする指導もあります。
これまでの通説と異なる理論を前面に出す事で一目を集めようとする教材やレッスンも有るかもしれません。
こ [記事全文

ボレーショットにおける人差し指の使い方

人差し指の使い方一つで、ボレーショットの威力と正確性が大きく変わります。

フォアハンドボレーは人差し指の力を緩めて手首の背屈角度を促します。バックボレーは人差し指に力が入るように中指と密着させることで、手首の撓屈角度を [記事全文

フォアハンドストロークとボレーでの人差し指の使い方

フォアハンドストロークとフォアハンドボレーでは手関節が背屈になる事で、打球に威力と正確性を増すことができます。
この時の背屈を確実にするためには示指伸筋の働きを理解するとよいでしょう。

示指伸筋は人差し指を伸ばす働きと [記事全文

フェデラーのショットで見る手関節の角度

フェデラーの映像から、手関節の各との使い方を見ていきます。
サーブの後のフォアハンドストロークは打球時に背屈になっているのが分かります。インパクト後には速やかに手関節は中立へと戻されているのも確認できます。
そしてフォ [記事全文

グリップエンドキャップを使ったトレーニング方法/バックハンドボレー

テニス上達器具「グリップエンドキャップ」を使ったバックハンドボレーのトレーニング方法について紹介します.
片手バックハンドボレーの手首の形は「撓屈」です。フォアハンドボレーの「背屈」とは間違えないようにしてください。ボー [記事全文

グリップエンドキャップを使ったトレーニング方法/フォアハンドボレー

テニス上達器具「グリップエンドキャップ」を使ったフォアハンドボレーのトレーニングに付いて紹介します.

フォアハンドボレーでの手首の形は「背屈」です。グリップの角度はコンチネンタルグリップが良いでしょう。
グリップエンド [記事全文

バックハンドボレーの手首角度

ボレーショットでの手首角度には重要な意味があります。そして適切な角度で手首を使わなくては、打球の精度や威力を悪化させる原因となるのです。
ここではバックハンドボレーの手首角度について説明します。
特にバックハンドボレー [記事全文

フォアハンドボレーの手首角度

ボレーショットでの手首角度には重要な意味があります。そして適切な角度で手首を使わなくては、打球の精度や威力を悪化させる原因となるのです。
ここではフォアハンドボレーの手首角度について説明します。

フォアハンドボレーで [記事全文

厚い当たりのためのラケットワーク

DVD教材「ボレーコンプリートマスター」に収録されている教材映像を紹介します。
DVD教材には次の映像コンテンツが含まれています。
1.グリップ
2.構え方
3.スプリットステップ
4.フットワーク
5.ボディーのボール [記事全文