カテゴリー : 戦術

オープンコートを狙う?まずは相手選手を2歩動かす事から

テニスの戦術の中でオープンコートにボールを打ってから攻撃のチャンスを作ると良く言われます。いきなりオープンコートを狙おうとしてもそれがかえってミスの原因になったり、相手のカウンターショットのチャンスになる事もあります。特 [記事全文

相手のセンターからのサーブはコーナーへリターンする

ダブルスゲームではサーブをサイドから打つ場合と、センターから打つ場合がある。もし相手選手がセンターからサーブを打って来たら、コーナー深く狙ってリターンをしてみよう。

レシーバーの視点から見れば返球コースをこの程度僅かに [記事全文

ネット際の打球の処理

相手からのドロップショットやドロップボレーなどネット際でしかも低い打点でボールを打つ機会があります。この時にネットに向かってストレートに打つと、ボールを高く打ち上げる必要が有り、相手のチャンスボールになることがあります。 [記事全文

ダブルスの戦術、ポーチのためのポジショニング、ファーストボレーのコース意思決定

ダブルスの戦術で欠かせない、ポーチボレーについて。ドリルを交えて紹介しています。
サーブがワイドに入ったときはサーバーパートナーはワイド側に前進します。
サーブがセンターに入った時にはサーバーパートナーはセンター側に前 [記事全文

【ダブルス】ポーチボレーのバックアップ

ダブルスではポイントのチャンスをつかむために積極的にポーチボレーに出る事が有ります。しかしポーチボレーを相手に察知されれば、その逆にボールを打たれてしまうことになります。
1:48からのシーンをご覧ください。
コート手 [記事全文

深くよりも浅く打つことで広がる戦術

シングルスの戦術においてボールを深く打つことこそが最重要と考えられがちかもしれません。深いボールを打ち続けることは確かに相手選手をベースライン後方に釘付けするには効果があります。しかしこれだけでは相手からの浅いボールを待 [記事全文

ネット至近の低い打点は超アングルに

ネット至近のボールを超アングルに打つケースを良く見かけると思います.一見難しそうに見えるこのコースへのショットは実はリスクを最小にするためのとても良い選択なのです。

ネットプレーでサイドを狙うリスク

ネットプレーで相手選手のサイドを抜く様な、アレーエリアを狙う事がある。しかしこれはリスクの高い戦術とも言える

このように相手選手のサイドにスペースが空いているように見える。しかしコートを真上から見て見るとリスクの高い選 [記事全文

ワイドに入ったサーブのリターンの戦術

ここではワイドに打たれたサーブのリターンについて、その戦術を考えます.

リターンは相手選手を走らせるようにそのコースを狙います。サーバー側コートで比較的大きく空いているダウンザラインを狙って相手選手を走らせる戦術が(1 [記事全文

ボールを深く入れるよりも、浅くても深く弾んでいくボールを

シングルスの戦術では特に相手選手を出来るだけベースラインから下げるようにして、前に出させない事が重要になります.相手を深く下げることで相手から打たれたボールが浅くなればポイントのチャンスを迎えることができます。
相手選手 [記事全文