カテゴリー : サーブ

ボレー、サーブ、スマッシュに相応しいグリップ角度

ボレー、サーブ、スマッシュにはグリップを握る角度を「コンチネンタルグリップ」にするのが良いとされています。
体の仕組みとテニスのための体の使い方から考えても、ラケットフェイスの角度を一定にし、打球精度を向上させるためには [記事全文

スライスサーブの中にもバリエーションを

スライスサーブについて聞くのが次のようなことです。
・ボールを斜め横から内側へ向かって切るようにする
・外から内側へスイングする
これは決してスイングスピードが上がらず、スライスサーブでボールスピードとスライス回転を多く [記事全文

視線を変えると見えてくるもの

サーブを打つ時、ボールを打つべき場所であるサービスボックスをどのように見ているだろうか。

選手の目の高さから撮影した写真だ。おそらく皆さんのイメージはこれとほぼ同じだろう。ネット上端のテープよりも下にサービスボックスの [記事全文

サーブ ナロースタンス、ワイドスタンスでのフットワークの違い

サーブのフットワークについて解説します。
サーブでフットワークと聞くと疑問に思うかもしれませんが、サーブに必要な回転動作は足の動作によって行います。つまりフットワークなのです。

サーブを苦手とする愛好家の多くは膝が伸び [記事全文

サーブでの緊張を解放するこつ

サーブを打つ時に緊張してしまう事は少なく有りません。相手選手のブレークポイントがかかった場面で一球目をフォルトした後ならなおさらです。
緊張はトスの乱れや、スイングの乱れに繋がります。緊張を解放し普段どおりのショットを出 [記事全文

トスアップが乱れないためのヒント

トスアップが乱れてしまう、安定したトスアップが出来ないと悩む方は少なく有りません。
トスアップが不安定になる要素としてボールの持ち方が有ります。
例えばボール投げをするときに苦手な方の中にボールをぎゅっと握ってしまう方が [記事全文

ブパシのサーブ技術

男子ダブルスの名選手と言えばブパシ選手の名前が上がる事でしょう。
ブパシ選手のサーブを見ると、特徴的であり一見すると現代のサーブフォームからずれているように感じるかもしれません。しかし、仔細に見てみれば現代トップ選手の [記事全文

サーブの打点からサービスエリアを見る

サーブをフォルトなく入れるためには、打点の高さから見たその軌道を知ることも大切です。

日頃サーブを打つときに見た時よりもネットの向こうにあるサービスエリアは広く感じるはずです。
正しいイメージを持つことでサービスの確率 [記事全文

グリップエンドキャップを使ったトレーニング方法/サーブ・スマッシュ

サーブおよびスマッシュはグラウンドストロークやボレーショットとは様子が大きく異なります.そのため苦手とする方は少なく有りません.しかし体の使い方に着目すると共通した身体操作を随所に見つけることができます.その中から今回は [記事全文

スイングスピードを上げるための手首角度

トップ選手の一見ゆっくりとしたスイング動作に見えて重く速いボールが打てているのは、実は手首の使い方に大きなヒントが隠されています。
一般愛好家の多くは手首のスイングスピードとラケットヘッドのスイングスピードがほぼ同じ [記事全文