カテゴリー : スマッシュ

ボレー、サーブ、スマッシュに相応しいグリップ角度

ボレー、サーブ、スマッシュにはグリップを握る角度を「コンチネンタルグリップ」にするのが良いとされています。
体の仕組みとテニスのための体の使い方から考えても、ラケットフェイスの角度を一定にし、打球精度を向上させるためには [記事全文

グリップエンドキャップを使ったトレーニング方法/サーブ・スマッシュ

サーブおよびスマッシュはグラウンドストロークやボレーショットとは様子が大きく異なります.そのため苦手とする方は少なく有りません.しかし体の使い方に着目すると共通した身体操作を随所に見つけることができます.その中から今回は [記事全文

スイングスピードを上げるための手首角度

トップ選手の一見ゆっくりとしたスイング動作に見えて重く速いボールが打てているのは、実は手首の使い方に大きなヒントが隠されています。
一般愛好家の多くは手首のスイングスピードとラケットヘッドのスイングスピードがほぼ同じ [記事全文

サーブやスマッシュの腕の振り方

サーブやスマッシュが苦手とする方は、もしかするとボール投げも苦手かもしれません。
共通して言えることは肩の使い方を知らない。それだけなのかもしれません。
大事なことは肩関節が正しく動作するための肩甲骨と上腕骨の位置関係に [記事全文

投球動作における腕の使い方

ここで投球動作における腕の使い方について見ていきます。

CGイラストのように手首は頭の近く、肘よりも内側を通るようにします。この意識が肩関節の過外旋からの旋回運動と、肘関節の伸展と前腕の回外からの戻りの身体操作を実現す [記事全文

視覚メカニズムから考えるボールの見方

ここでは視覚メカニズムから考えるボールの見方について考えていきます。
物体のの遠近を正確に認識するために視覚メカニズムとして両眼の役割が大きく果たします。両目で物体を視覚的に捉えた時の両目のそれぞれの角度を認識して、そ [記事全文

サーブでは腕を振らない

ここではサーブのフォワードスイングにおける腕の使い方について詳しく見ていきます。
肩関節へのストレスを小さくするために、そして旋回力を使ったラケットヘッドの加速を実現するためには上腕は振らないことが重要になります。上腕 [記事全文

ラケットワーク、重心の考慮

ラケットには質量があることから、重心を意識したスイング軌道が合理的なラケットワークを行う上での重要なポイントになってきます。

(ラケットは回転しているが、重心は直線運動している)
ラケット単体を放り投げた時には、基本的 [記事全文

オーバーヘッドのボールの処理では腕を上げない

スマッシュやサーブなど頭の上にあるボールを打つ場合には上腕を上げないで打つのが良いとされます。

上の図のように両肩の延長線上に上腕が伸びているフォームのほうがラケットを素早くスイングし、ボールの勢いを最大化することが出 [記事全文

バックハンドハイボレー・スマッシュはなぜ背中を向けて打つのか

バックハンド側のハイボレーやスマッシュは、最も力の入りにくく打ちづらいショットと感じることでしょう。ボールがラケットに厚く当たらない、ラケットがうまく操作できない、スイングするにも力が入らないなどといった苦手意識があるで [記事全文