カテゴリー : トレーニング器具

グリップエンドキャップを使ったトレーニング方法/サーブ・スマッシュ

サーブおよびスマッシュはグラウンドストロークやボレーショットとは様子が大きく異なります.そのため苦手とする方は少なく有りません.しかし体の使い方に着目すると共通した身体操作を随所に見つけることができます.その中から今回は [記事全文

グリップエンドキャップを使ったトレーニング方法/フォアハンドボレー

テニス上達器具「グリップエンドキャップ」を使ったフォアハンドボレーのトレーニングに付いて紹介します.

フォアハンドボレーでの手首の形は「背屈」です。グリップの角度はコンチネンタルグリップが良いでしょう。
グリップエンド [記事全文

グリップエンドキャップを使ったトレーニング/両手バックハンド

テニス上達器具「グリップエンドキャップ」を使った両手バックハンドのトレーニングを紹介します.
両手バックハンドでは打球方向前方になる方の腕とラケットで魔法の角度を作ります.右利きなら右腕になります。右手の手首の形はスイン [記事全文

グリップエンドキャップを使ったトレーニング/バックハンドスライス

テニス上達器具「グリップエンドキャップ」を使ったバックハンドスライスのトレーニングに付いて紹介します.
バックハンドスライスの手首角度は片手バックハンドストロークと同じ撓屈です。
スイング中はグリップエンドキャップが手首 [記事全文

グリップエンドキャップを使ったトレーニング/片手バックハンドストローク

テニス上達器具「グリップエンドキャップ」を使った片手バックハンドストロークの練習について紹介します.
片手バックハンドストロークの手首の形は「撓屈」です。
ラケットヘッドを速く走らせようとすると手首が伸びてしまいやすいも [記事全文

グリップエンドキャップを使ったトレーニング/フォアハンドストローク

テニス上達器具「グリップエンドキャップ」を使った効果的トレーニング方法を紹介します.

図のようにグリップを握った時にグリップエンドキャップが手首に触れないように、ラケットと腕の角度をつけてください。この時の手首の形は「 [記事全文

科学的評価がトレーニングの効果を最大化する

スポーツに限った話ではなく、いわゆるトレーニング全般に言えるのだが、トレーニングの効果を測るには何らかのスケール(尺度)が必要になります。例えばそろばんの練習ならば、正答率や時間といった定量的な評価が可能です。スポーツで [記事全文

手首関節矯正器具の利用法(改訂版)

当クラブのレッスンで使用しています、テニス上達器具「手首関節矯正器具」についての紹介と、使用方法を説明します。

特徴
ラケットに取り付けるタイプと異なり、ラケットの操作感や打球感を損なうこと無く練習することができます。 [記事全文

手首関節の矯正器具を使ったトレーニング

フォアハンドストローク、両手バックハンドストローク、フォアハンドボレーでは手首関節が背屈になることが重要です。またバックハンドストローク、片手バックハンドボレーでは手首関節が撓屈になることが重要です。
しかし手首関節の角 [記事全文

ボールマシーン

テニストレーニング器具としてボールマシンがあります。これを使うことでコーチは球出しから開放されて、選手のそばでフォームやタイミングをあらゆる角 度からチェックし、適時アドバイスすることが可能になります。また選手にとっては [記事全文