カテゴリー : フォアハンドストローク

オープンスタンスからのフォアハンドストロークで左足の上げ方の注意点

オープンスタンスからのフォアハンドストロークでは後ろ足になる右足が回転軸になるため、右足を地面と接しながら体全体が回転します。一方左足は回転の妨げとならないように地面から足を離すようにします。この時の左足の使い方によって [記事全文

テニス 強打の秘訣は肩関節の使い方にあり

テニスのフォアハンドストロークを強化するための体の使い方について、特に肩関節について説明します。

腕がムチのように「しなる」のではなく、肩関節の旋回動作が重要であることがわかります。
前にならえをするように腕を体の前方 [記事全文

オープンスタンスからのショートターンの応用

ワイドに入るボールや、斜め前に浅いボールへの対応が得意になる、オープンスタンスからのショートターンを使ったフォアハンドストロークの体の動かし方について解説しています。

右股関節の動作は屈曲(前)→外転→伸展(後ろ)の順 [記事全文

フォアハンドストロークとボレーでの人差し指の使い方

フォアハンドストロークとフォアハンドボレーでは手関節が背屈になる事で、打球に威力と正確性を増すことができます。
この時の背屈を確実にするためには示指伸筋の働きを理解するとよいでしょう。

示指伸筋は人差し指を伸ばす働きと [記事全文

フェデラーのショットで見る手関節の角度

フェデラーの映像から、手関節の各との使い方を見ていきます。
サーブの後のフォアハンドストロークは打球時に背屈になっているのが分かります。インパクト後には速やかに手関節は中立へと戻されているのも確認できます。
そしてフォ [記事全文

オープンスタンス打法に見られる体の使い方

オープンスタンス打法に見られる体の使い方について解説します。
ここでは次の3種類を取り上げます。

軸足の伸展動作による方法
体重移動による方法
両足の屈伸方向を入れ替える方法

それぞれのメリットとデメリットを考 [記事全文

動画レッスン 押してダメなら引いてみる?

テニスのストロークではよくボールを押す感覚と言われます。
多くの人はボールを押そうとする動作でこのようなフォームを行いがちです。
さて、本当の意味はどうなんでしょう。
続きは動画でご覧ください

ラファエルナダルのフォアハンドストローク

ラファエルナダルのフォアハンドストロークのスロー映像で注目してほしい点は、肩関節の旋回の速さです。
肩関節の旋回と言うと、分かりにくいかもしれません。
肘の向きに注目してください。
フォワードスイングの打球する直前で肘 [記事全文

打球のために手首のスナップは使わない

ラケットのスイングスピードを上げるために手首のスナップ動作を使うと良いという意見もあります。スナップ動作の弊害を説明するとともに、具体的にどのような手首の使い方が良いかを説明します。

体重を載せて打つ意識の弊害

体重を載せるようにして踏み込んで打つようにと言う指導も聞かれます。体重を載せようとする動作の弊害について説明します。