カテゴリー : 共通事項

サーブでの緊張を解放するこつ

サーブを打つ時に緊張してしまう事は少なく有りません。相手選手のブレークポイントがかかった場面で一球目をフォルトした後ならなおさらです。
緊張はトスの乱れや、スイングの乱れに繋がります。緊張を解放し普段どおりのショットを出 [記事全文

グリップを持つ長さの工夫

グリップを持つ時の長さにも工夫があります。
長めに持つか、短めに持つかによってラケットの操作性は大きく変わります。
これはスイング軌道やフォームと言った体の使い方にも影響します。

正確で素早いグリップチェンジ法

コートエリアの意識を変えるだけでコートカバー能力が上がる

テニスコートのエリアを皆さんはどのように意識していますか?
このイラストで言えば青のエリア(シングルスの場合はさらにシングルスラインの内側)をイメージされているのではないでしょうか。確かにこのエリアはボールがセーフと判 [記事全文

スピンの効果

現代テニスにおいてボールの回転であるトップスピンは重要である事は間違え有りません.
強烈なトップスピンは相手選手を圧倒することができると同時に、ミスの少ないテニスも実現するのです.
ここでトップスピン回転による打球の特徴 [記事全文

ワイドスタンスで構えた時の重心は

ワイドスタンスは素早い動きだしのために必須の構えです。
しかし間違ったフォームの理解はせっかくのワイドスタンスもその効果を生かすことができません。
ワイドスタンスに構えた時の重心の位置は前になります。つま先側を使って地 [記事全文

ショットの質を高めるのは「魔法の角度」

テニスのショットにおいて体の動きをボールへ効率よく伝えるためには、各ショットで共通した考え方が有ります。
それがラケットと手首が作る、ある一定の角度にあるのです.
まずはじめに説明するのが「背屈」(はいくつ)です。
最も [記事全文

フォルト、アウトコールはしっかりと

テニスの試合は多くはセルフジャッジによって進行します。相手からのボールを瞬時にインかアウトか判断しなくてはなりません。迷っているうちにボールを打ち続けていれば、それはインプレーと見なされあとからコールしてもそれは認められ [記事全文

技術向上の基礎はバランス

多くのスポーツに置いて共通して言える重要な事が有ります。
バランス
バランスの良い動作は、そのフォームが美しくも見えるでしょう。無理の無いフォームから打たれるボールは、選手の持つパワーを余す事無くボールに伝えます。思った [記事全文

試合に勝つために必要な事

テニスで「勝つ」為に必要な事は、いわゆる「心技体」で言い表すことができる。「技」は言うまでもない「テクニック」や「技術」の事である。「心」は「考える」「決断する強い心」といったメンタルに深く根ざすものだ。「体」は「体力」 [記事全文