カテゴリー : ボディーワーク

合理的なラケットワークを体得するために

大人よりも握力の小さなジュニアたちが、大人が使うラケットを器用に扱うのを見て感心します。
ある意味ラケットをスムーズに動かすのは「力」ではないのかもしれませんね。
子供たちは自然に無理の無いラケットの使い方をしながら無駄 [記事全文

体の使い方を伝えることのない「○○のイメージ」

テニス指導で良く聞かれる言葉に「○○のイメージでスイングしてください」という物が有ります。
例えば
・サーブはボール投げや槍投げのイメージで
・ストロークはボールを押すように
などといったものがあります。
例えばボールの [記事全文

片手バックハンドストロークの人差し指の使い方

苦手な片手バックハンドも人差し指の使い方を意識するだけで克服できます。

人差し指を握る動作は手首を撓屈へ促し、その固定力を強めます。
手首の撓屈角度は腕の旋回動作を使ってラケットヘッドを加速することができます。
これは [記事全文

ボレーショットにおける人差し指の使い方

人差し指の使い方一つで、ボレーショットの威力と正確性が大きく変わります。

フォアハンドボレーは人差し指の力を緩めて手首の背屈角度を促します。バックボレーは人差し指に力が入るように中指と密着させることで、手首の撓屈角度を [記事全文

フォアハンドストロークとボレーでの人差し指の使い方

フォアハンドストロークとフォアハンドボレーでは手関節が背屈になる事で、打球に威力と正確性を増すことができます。
この時の背屈を確実にするためには示指伸筋の働きを理解するとよいでしょう。

示指伸筋は人差し指を伸ばす働きと [記事全文

グリップする時の指の使い方

グリップを握る時に大切な事に指の使い方があります。指の使い方一つ違うだけで、ラケットスイングに大きく影響します。
合理的な指の使い方を学んで、効率的なテニスを目指しましょう。

次に体のメカニズムに基づいた解説を行います [記事全文

投球のための体の使い方

今回は投球動作の中で肩関節、肘関節の動きについて解説します。
投球動作はその具体的な体の使い方を教わる機会は少ない事でしょう。繰り返しの練習の中で自発的にその動きを獲得する人も少なからずいます。反面、体の使い方を知らない [記事全文

打球のために手首のスナップは使わない

ラケットのスイングスピードを上げるために手首のスナップ動作を使うと良いという意見もあります。スナップ動作の弊害を説明するとともに、具体的にどのような手首の使い方が良いかを説明します。

体重を載せて打つ意識の弊害

体重を載せるようにして踏み込んで打つようにと言う指導も聞かれます。体重を載せようとする動作の弊害について説明します。

体幹をフォームの軸にしてはいけない

よく言われるフォームの軸は体幹であるという考えは、実は体のスムーズな回転動作の妨げになる事が多いのです。
実験を交えながら、体の回転軸はどこにあるべきかを分かりやすく説明します