カテゴリー : 食事

消化吸収の時間

長時間にわたって行うスポーツで例えばマラソンやテニスでは、休憩の合間やレース途中で栄養補給を行うことがあります。
栄養補給には消化吸収が良くエネルギーに代わりやすいものが相応しいでしょう。エネルギーに代わりやすいと言えば [記事全文

食後すぐに運動してはいけない理由

食後すぐに運動する事はあまり望ましくないことと考えます。
食後は血液が消化吸収の為に胃や腸に集まります。運動のための筋肉には十分な血液を送ることができません。また食後は交感神経が低下する事も有り、運動にベストなコンディシ [記事全文

水分補給のインターバル

水分補給の間隔は10分〜60分に一度。発汗の状況に応じてインターバルを調整します。一回に飲む量は多すぎず、コップ一杯程度100ccほどがよいでしょう。あまり多くの水を一度に飲むと、胃の中に水分が残り、これが重さとなって運 [記事全文

低糖質と運動

ダイエット法として糖質を制限し血糖値を上げないようにする事で、肥満ホルモンとも言えるインスリンの分泌を抑えようという考え方が有ります。
これに則って考えれば、血液中の糖質(血糖値)が低いタイミングで運動する事で、早く脂肪 [記事全文

水分補給の重要性

激しいスポーツでは運動中におよそ1リットルもの汗をかく事も有るそうです。
過度な脱水状態は健康への影響を及ぼします。それほどでなくとも、体重の約2%の脱水で10%、5%の脱水で30%もの身体機能が低下するとさえ言われてい [記事全文

水分補給の塩分量

スポーツ中の水分補給は特に夏場の暑い中では気をつけなければなりません。このときに普通の水道水または真水を飲んでも、体内へ速やかに吸収されずにいつまでも胃に水分がとどまっていることがあります。これは水分が吸収されるための浸 [記事全文

筋トレ後の栄養補給について

筋トレを行うと、筋肉に疲労が蓄積されます。筋肉中のエネルギーが枯渇し、負荷の高いトレーニングでは筋肉細胞の小さな損傷もあります。それらを修復してさらに筋肉を強くしていくためには、適切な栄養補給が欠かせません。
おもにはタ [記事全文

トレーニングと食事

食事後の体内の状態は運動生理学の観点から次の様な事が言われています。

食後は消化吸収のために血液を内蔵に十分に供給すること
交感神経が休むため運動してもその効果が低くなること

つまり、食後は十分な休息時間が必要とされ [記事全文