カテゴリー : よくある事例~フォアハンドストローク

前足を踏み込むフォアハンドストロークの軸足の使い方

前足を打球方向に踏み込んで打つフォアハンドストロークは、スクエアスタンスからのフォアハンドストロークとして考え、これはオープンスタンスからのショットは体の使い方とは特に軸足の使い方に大きな違いがあります。
右利き選手を例 [記事全文

軸足のセットで間違えやすい例と正しい置き方

ストロークでの軸足のセットはボールの軌道からラケット一本分程度離すのが良いのです。軸足のセット位置を間違えやすいケースをここで紹介します。

相手からのボールが浅くなり、しかもそのコースが自分の正面近くになった時。ボール [記事全文

スムーズなスイング動作には、軸足を置く位置を正確に

グラウンドストロークではやってくるボールの真後ろ(正面)に後ろ足をセットするように言われることがあるようです。
実際にこのとおりにすると、ラケットを思ったようにスイングすることが出来ず、力みにも繋がります。
ここでは正し [記事全文

動画レッスン 押してダメなら引いてみる?

テニスのストロークではよくボールを押す感覚と言われます。
多くの人はボールを押そうとする動作でこのようなフォームを行いがちです。
さて、本当の意味はどうなんでしょう。
続きは動画でご覧ください

打球のために手首のスナップは使わない

ラケットのスイングスピードを上げるために手首のスナップ動作を使うと良いという意見もあります。スナップ動作の弊害を説明するとともに、具体的にどのような手首の使い方が良いかを説明します。

体重を載せて打つ意識の弊害

体重を載せるようにして踏み込んで打つようにと言う指導も聞かれます。体重を載せようとする動作の弊害について説明します。

体幹をフォームの軸にしてはいけない

よく言われるフォームの軸は体幹であるという考えは、実は体のスムーズな回転動作の妨げになる事が多いのです。
実験を交えながら、体の回転軸はどこにあるべきかを分かりやすく説明します

インパクトの衝撃で負けない手首の使い方のヒント

インパクトでは相手のボールのスピードと自分のラケットスイングがぶつかり合い、ラケットを支える手には相当の力がかかります。相手のボールが時速100kmだとして自分のスイングスピードも時速100kmの場合その相対速度は時速2 [記事全文

フォアハンド準備が遅いときの解決法

DVD教材「肩関節センサー&DVD」に収録されている教材映像を紹介します。
DVD教材には次の映像コンテンツが含まれています。

フォアハンドストロークでの使用方法
サーブは腕を前に振らない
サーブは肩関節の外旋か [記事全文

ラケット軌道(映像教材)

ここではバックスイングにおけるラケット軌道に付いて確認します。
ラケットヘッドを立てた状態からフォワードスイングしたときのラケットの重心位置の軌道は上から下へ振り下ろされながら、インパクト位置にまで一直線になっていること [記事全文