カテゴリー : よくある事例~バックハンドストローク

軸足のセットで間違えやすい例と正しい置き方

ストロークでの軸足のセットはボールの軌道からラケット一本分程度離すのが良いのです。軸足のセット位置を間違えやすいケースをここで紹介します。

相手からのボールが浅くなり、しかもそのコースが自分の正面近くになった時。ボール [記事全文

スムーズなスイング動作には、軸足を置く位置を正確に

グラウンドストロークではやってくるボールの真後ろ(正面)に後ろ足をセットするように言われることがあるようです。
実際にこのとおりにすると、ラケットを思ったようにスイングすることが出来ず、力みにも繋がります。
ここでは正し [記事全文

ストローク中のフットワーク、選手は急には曲がれない

グラウンドストロークのフットワークとして、ボールの後ろに早く入って前に踏み込むようにすると表現される事が多いようです。時には弧を描くような軌道でステップワークさせるとも言われているようですが、早い展開でラリーが続けばこの [記事全文

浅いボールに対するフットワーク(映像教材)

ここでは浅いボールに対してバックハンドストロークを打つ際のフットワークについて説明します。
浅いボールに対して前足を踏み込んだときにコートに対して前足は斜め前方へと踏み込まれていることになるでしょう。これではクロス方向に [記事全文

打球コースの打ち分け(映像教材)

ここではバックハンドストロークでコースを打ち分けるためのフットワークについて説明します。
まずはじめに、ダウンザライン方向に打つ場合のフットワークではベースラインと両足を結んだスタンスがほぼ平行になります。踏み込み足のつ [記事全文