オープンスタンスからのフォアハンドストロークで左足の上げ方の注意点

オープンスタンスからのフォアハンドストロークでは後ろ足になる右足が回転軸になるため、右足を地面と接しながら体全体が回転します。一方左足は回転の妨げとならないように地面から足を離すようにします。この時の左足の使い方によっては体の回転を妨げてしまうことがあります。

左足のかかとが体の後ろに上がる例では、右足の屈伸動作が不十分で右股関節の旋回動作が不足します。体全体の回転動作が行われません。

左足が体の前に上がっても左股関節が内股(内旋)の状態では右股関節も同じように内旋になりやすく、これもまた股関節の旋回動作が不足し、体全体の回転動作が行われません。

オープンスタンスから前足を持ち上げるという指導は注意が必要です。どうしても前足の使い方にばかり目がいってしまい、肝心な右足(後ろ足)の使い方が間違ったものになりやすいからです。


記事の続きを読むためにはログインしてください。
ユーザー登録はお済みですか?