軸足のセットで間違えやすい例と正しい置き方

ストロークでの軸足のセットはボールの軌道からラケット一本分程度離すのが良いのです。軸足のセット位置を間違えやすいケースをここで紹介します。

相手からのボールが浅くなり、しかもそのコースが自分の正面近くになった時。ボールを真正面にして前方に走って行ってしまい、ボールを打つタイミングになってラケットを振り抜くためのスペースがないことに気づくことがあります。

フォアハンドストロークの得意な方は、ややバックハンド側に入ったボールも回り込んでフォアハンドストロークで打ちたいものです。しかし回り込みが不足すると軸足がボールの軌道と重なって、ラケットをスイングするためのスペースがなくなっていることがあります。
相手からのロブが自コートで高くバウンドした時、ボールの真下に入ってしまうことがあります。オーバーヘッドショットであれば返球可能なポジションではありますが、ストローク動作ではボールに近すぎて、体の回転を発揮することができません。
逆クロスでのストロークも注意が必要です。十分にボール軌道から距離をおいて構えていると思っても、逆クロスからくるボールは選手に対してさらに内側にボールが入ってくるように感じるものです。

軸足のセット位置をボールの軌道から適切に置くことで、体の回転動作がスムーズに行え、ラケットスイングも思い通りになるのです。

正面近くに短いボールがやってきた場合は、ボールを目標にして進むのではなく、ボールの横ラケット一本分離れた位置を目標として前進します。そのまま走り抜けるようにしてランニングステップで打つことも前足をホップさせて打つホップステップも容易にできるはずです。前足の膝の屈伸のタイミングを合わせる時間的な余裕があればスクエアスタンスも良いでしょう。

回り込んで打つ場合は、回り込みの量を多くします。回り込みを早く行うためには、サイドステップは使いません。膝、つま先をボールの軌道に対して直角に向け、かかとの方向のステップするリバースステップを使います。リバースステップを使うことで体の横向き姿勢が完成していますので、打球位置に入ったあと、軸足をセットすればすぐにからだの回転動作に移行することができます。

オープンスタンスでの構えになりますが、右足の屈伸動作がタイミング的に難しい場合は軸足をスイッチして打つことも可能です

記事の続きを読むためにはログインしてください。
ユーザー登録はお済みですか?