ボレー、サーブ、スマッシュに相応しいグリップ角度

ボレー、サーブ、スマッシュにはグリップを握る角度を「コンチネンタルグリップ」にするのが良いとされています。
体の仕組みとテニスのための体の使い方から考えても、ラケットフェイスの角度を一定にし、打球精度を向上させるためにはコンチネンタルグリップが良いと言えます。

しかし体の仕組みから見た時に正しい「コンチネンタルグリップ」になっていない事も少なくありません。

例えばコンチネンタルグリップの指導で良く言われる”包丁握り”は実際に包丁を握るとわかるのですがコンチネンタルグリップよりもむしろセミウェスタングリップに近いものです。
親指と人差し指の付け根の股の部分に出来る”Vの字”をグリップの角に合わせる指導もありますが、指の股に出来るはずのVの字はじっさいはUの字に見え、これのどこをグリップに合わせれば良いのか大いに迷うものです。
ラケットのフェイスを親指と人差し指で挟んで、そのままの形でグリップまでずらして握る方法もあるようですが、これも体の仕組みから考える合理的なコンチネンタルグリップからは若干ずれているようです。

体の仕組みを最大限に活用するためのコンチネンタルグリップの握り方、それは肘の屈伸動作で出来る面とラケットフェイスの面を合わせる事です。詳しくはこの映像で確認して下さい。