ミスショットの原因は手首の動かし過ぎ

手首をスナップさせる動作はラケットを素早く振り、ボールに勢いが乗せられると思うかもしれません。しかし、手首を動かしすぎる事はラケットの軌道が横方向のずれが大きくなり、狙いどおりのコースからそれてしまうことがあります。

手首を動かしすぎずに腕を一体として体全体を回転させてラケットをスイングすることで、スイング軌道の横移動を小さくすることができます。

ボールがスイートスポットから外れてしまう。フレームショットになるとしたら、手首を使いすぎているのかもしれません。

ショットによっては手首を意識的に動かすことがあります。この場合でも手首の屈曲方向は映像で説明したように掌屈方向に曲げる事はほとんど有りません。例外はいくつか見つかる事でしょう。正確な打点を再現性高くするためにもまずは基本の体の使い方を理解してください。