ボールを待つ構え方でプレーが大きく変わる

ボールを待つときの構え方では、膝、足首を深く曲げるようにします。股関節が十分に旋回、屈伸動作をしやすくなり、打球に反応して素早く方向転換とダッシュが出来るようになります。

腰が低い と言われる構えになるのです。

一方腰が高い構えは、膝、足首が伸びて、股関節の動きの柔軟性が損なわれます。このため、ダッシュ力も弱く、素早い方向転換も難しくなるのです。

ボールに追いつくのが遅いと悩みの方、ポーチボレーが苦手という方は、まず構えの足の使い方を理解の上、練習してみてください。