スライスサーブの中にもバリエーションを

スライスサーブについて聞くのが次のようなことです。

・ボールを斜め横から内側へ向かって切るようにする

・外から内側へスイングする

これは決してスイングスピードが上がらず、スライスサーブでボールスピードとスライス回転を多くする事の両立は難しくなります。スロースピードで回転量を多くすることで変化の大きいボールは打てる可能性があります。ですのでこの方法が決して間違いとは言い切れません。

選手のようなボールスピードが必要とされる場面ではスイングスピードを上げるための工夫が必要です。一方一般愛好家および熟年以上のプレイヤーは筋力の瞬発が苦手でもありますのでむしろ変化に富んだスライスサーブを選択しても良いでしょう。ゲーム相手の選手も横に大きく変化するボールには苦労するはずです。