バックハンドテニス肘のフォームの特徴

バックハンドテニス肘が起きやすいフォームの傾向もあります。それはラケットを並行に動かしている特徴があげられます。テニス肘になりにくいのはラケットに回転運動を加えるフォームです。ラケットの回転運動は肩関節の旋回動作を使い、手首の屈伸動作は出来るだけ使いません。手元の動きよりもラケットヘッドの方が速く動くようになります。ボールの勢いを付けやすく、トップスピン回転も容易にかけることができる。

(手首の屈曲動作は使わずに、腕全体を軸回転させる動きでラケットヘッドを動かす)
このようなフォームを使う事で手首を動かす筋肉への負担を減らす事が可能です。

またバックハンドの場合はグリップ角度によっても無意識のうちに手首をスナップ動作させる筋肉を酷使してしまう事もありますので注意が必要です。


テニス肘の記事一覧