手首をスナップ動作しなくてもテニス肘になる

前述したような手首の屈曲動作(スナップ動作)を意識して行っていなくても、手首を動かす筋肉を無意識に酷使している場合があります。
筋肉は意図して使っていなくても、外力が及ぶ事で無意識に使われることがあります。打球したときにラケットが反動で動かされそれで手首も動かされます。手首を動かす筋肉が手首の動きによって動かされ、その力は筋肉が付着する上顆へ達します。繰り返し力を受ける事で炎症が起こるのは、意識的に手首をスナップ動作させたときと同じです。

(写真。打球の反動でラケットが後ろに動かされるイメージ)

テニス肘になりやすい愛好家のフォームには共通する点が見られます。それは打点の位置と手首の角度です。


(写真。テニス肘になりやすいフォーム)
テニス肘になっている多くの愛好家は、フォアハンドストロークの打点が体の真横に近く、手首は中立に伸びています。手首角度が中立角度になっていると打球したときの反動で手首が動かされやすく、無意識に手首のスナップ動作を行う筋肉が使われることになります。コーチから打点を前にするようにと指導されている方はテニス肘になりやすいフォームですので特に注意が必要です。
無意識のうちに手首のスナップ動作を使う状況は比較的重量の軽いラケットを使っていると起こりやすいとも考えます。

テニス肘の記事一覧