テニス肘には二つある

テニス肘には痛みの生じる場所によって2種類に分類できます。

上腕骨外側上顆炎 ジョウワンコツガイソクジョウカエン

 肘関節橈骨側に痛みを感じます。(写真赤丸部)

 バックハンドストロークによって起こりやすい事からバックハンドテニス肘とも呼ばれています。片手バックハンドを行うテニス愛好家に起こりやすい症状です。


片手バックハンドで手首をスナップさせる動作を使ってラケットを動かすフォームの方に、テニス肘が傾向的に多く見られるようです。

パソコン作業で手の甲を持ち上げるような手首の使い方を長時間行ってもこの症状が起こります。

上腕骨内側上顆炎 ジョウワンコツナイソクジョウカエン

肘関節尺骨側に痛みを感じます。

フォアハンドストロークで起こりやすい症状です。女性のテニス愛好家のテニス肘は、ほとんどがこの症状です。 打点が体の真横になりやすく、手首のスナップ動作を使ってボールを打つフォームにテニス肘が傾向的に多く見られるようです。

テニス以外にも野球やゴルフでも起こることがあり、それぞれ野球肘、ゴルフ肘と呼ばれる事もあります。

テニス肘の記事一覧