テニス肘の症状とチェック法

テニスの怪我で多いのがテニス肘です。中高年以上の愛好家でプレー頻度の多い人に多く見られる傾向があります。

どんな症状?

その症状は重いものを持ったときや、患部である肘の近くにある外側上顆または内側上顆を押さえた時に強い痛みが生じます。安静時にはほとんど痛みを感じません。
テニスのフォアハンドやバックハンドでボールを打つ時に前腕や肘に痛みやしびれを感じます。
朝顔を洗う時に肘の内側に痛みを感じたらそれはテニス肘のサインです。

チェック方法

次の姿勢で肘から前腕にかけて痛みが生じるか確認を行います。
○肘を伸ばして掌を上にして重いものを持ち上げる (フォアハンドテニス肘)

○肘を伸ばして手の甲を上にして重いものを持ち上げる (バックハンドテニス肘)

最近ではテニス肘はテニスをしない方にも起こります。パソコンでキーボードやマウスの操作が長時間続く場合や、工事現場での安全誘導のための誘導灯を振り続ける事でも発症する例が聞かれます。いずれも長時間にわたって手首を使いすぎる事が原因と言ってよいでしょう。


上の写真のように手首を曲げたままの姿勢を長時間続けるとテニス肘になる事もあります。テニス肘はテニスをしない人にも発症します。

テニス肘の記事一覧