テニス肘は根本から治そう

テニスを長年やっている方、そして頻度も多くやられている方の多くが怪我に悩んでいます。とくに40歳代以上からその傾向が増えていくようです。テニスでの怪我の中で多いのが次のとおりです。
  • 手首関節痛
  • 肘痛(テニス肘、バックハンドテニス肘)フォームの未熟または誤解 
  • 肩関節痛 フォームの未熟または誤解
  • 膝関節痛 基礎体力(筋力)の不足、フォームの未熟または誤解
  • 腰痛 体幹の捻り過ぎ フォームの未熟または誤解
  • 足首のねんざや骨折 テニスシューズがサーフェスに合っていない、フットワークの未熟、転倒によるもの

ここではテニス肘についてその症状、原因、改善方法について説明します。

<目次>

テニス肘の症状とチェック法
テニス肘には二つある
テニス肘の原因は手首の使い過ぎ
手首をスナップ動作しなくてもテニス肘になる
バックハンドテニス肘のフォームの特徴
テニス肘を治すには
テニス肘を治す事の無い対処法例
根本的に治すのならフォームの改善を

動画で分かるテニス肘の原因と対策〜あなたのテニス肘対策は症状を悪化させているかも??

テニス肘の記事一覧