錦織圭選手のフォーム分析2014版

2013年の錦織圭選手のフォームと、2014年のフォームを比較した。

ー要約ー

 オープンスタンスからのフォアハンドストロークのフォームにおいて、軸足の動作と肩関節の動作に顕著な変化が見られた。変化後の体の使い方はナダル選手のそれに近い事が分かる。2014年にマイケルチャンをコーチに迎えフィジカル強化とフォーム改善に取り組んだ結果がこれらのフォームの変化をもたらしたと考える。2014年の大会での錦織選手の活躍はチャンによる指導の効果があったと考えてよいだろう。

ー詳細ー

記事の続きを読むためにはログインしてください。
ユーザー登録はお済みですか?