踵着地の意識を

ボールを打つ前のポジションに移動する時に使うフットワークでは、踵着地を意識しましょう。踵着地を行う事で膝は良く曲がり、腰は低くなり股関節も十分に旋回と屈曲することができます.打つための大きな力を発揮する準備ができるのです.

つま先着地の場合はどうでしょう。膝は伸びやすく腰も高くなります.股関節の動作も制限されます.これでは打つための大きな力を発揮するための腰の回転動作が発揮しにくいのです。
これはバックハンドストロークもフォアハンドも同じです.踵着地の意識だけでもグランドストロークは一気に安定するはずです.
フォワハンドで回り込みのステップはつま先着地になります.それでも後ろ足は身体の真下に置くようにし足首が深く背屈しながら膝を深く曲げるようにステップしましょう。

選手の写真でつま先立ちになったシーンを見ます.これらはボールを打ったとき、打った後に見られます。膝の屈伸動作を強く行うために足関節も強く伸びて、その結果つま先立ちになるのです。