ワイドに入ったサーブのリターンの戦術

ここではワイドに打たれたサーブのリターンについて、その戦術を考えます.

リターンは相手選手を走らせるようにそのコースを狙います。サーバー側コートで比較的大きく空いているダウンザラインを狙って相手選手を走らせる戦術が(1)です。飛来コースに対して打球コースを変化させ無ければならないためにサーブのスピードが速い場合は狙ったコースに精度よく打つのが難しくも有ります.

クロスに返球する戦術もあります(2)。これは相手サーバーのバックハンドに打つ事で攻撃のきっかけを相手に与えない効果が期待できます.クロスに打つ事はしっかりとしたフォームでボールを打ちショットのミスも低減する事が期待できます.

以上はコートを2次元的に見た時に考えられる戦術であり、実はこれではとても十分とは言えません。

実際にコートでリターンのポジションに立って見るとよくわかりますが、サイドに振られた時に返球可能エリアは二次元の戦術ボードで確認したよりもとても狭く感じます。思ったほどにコースを狙う事が出来ません。これが「言うは易し、行うは難し」です。コースを狙ったつもりでも結果的にそんなに相手が取りにくいところに打てないのはこのためです。
ワイドに入ったサーブにはカウンターショットを狙うと言われますが、高い技術力が有ってこそ成り立ちます。

一方サーバーの選手から見ると次のようなイメージになります.


リターン側に広く空いたオープンエリアは絶好のチャンスに見える事でしょう。相手リターンがコート中央に戻ってくるよりも早くオープンエリアにボールを打ちます。この一球で決まらなくても有利に立てる事は間違い有りません。あとは慎重にボールを配球する事でポイントを得ることができるでしょう。

サーブ側の選手としてはリターンのボールは早く戻って来てほしいことがわかります。なぜならリターンの選手が戻ってこないうちに次のボールを打ちたいからです。

実践に使える戦術には、「時間」の考えが必要なのです.

次に時間を考慮した戦術を考えてみます。


記事の続きを読むためにはログインしてください。
ユーザー登録はお済みですか?