水分補給のインターバル

水分補給の間隔は10分〜60分に一度。発汗の状況に応じてインターバルを調整します。一回に飲む量は多すぎず、コップ一杯程度100ccほどがよいでしょう。あまり多くの水を一度に飲むと、胃の中に水分が残り、これが重さとなって運動の妨げになる事も有ります。

摂取した水分が体内に吸収するまでに時間がかかる事も含めて、こまめに水分補給するのがよいでしょう。

水分補給と合わせて塩分(ナトリウム)と糖分も補給するのが良いでしょう。塩分は体内への水分の吸収を助けます。糖分は消費したエネルギーを補給する役目があります。

市販のスポーツドリンクは上記の目的を考えて作られていますが、基本的には清涼飲料水であるため飲み過ぎる事は糖尿病や虫歯の原因にもなりますので注意が必要です。