試合に勝つために必要な事

テニスで「勝つ」為に必要な事は、いわゆる「心技体」で言い表すことができる。「技」は言うまでもない「テクニック」や「技術」の事である。「心」は「考える」「決断する強い心」といったメンタルに深く根ざすものだ。「体」は「体力」(持久力)「絶対的な力強さ」(最大筋力)「素早さ」(スピード)といったところが重要だ。
トレーニングにおいてはこの心技体をそれぞれ伸ばすことを目指す。また考えうる状況をシミュレーションしたドリル練習も必要になってくる。相手選手に対してどのようにして勝つか、Howをつねに意識したトレーニングが大切なのだ。

テニスの最終的な目標は勝つため、そこにはHow to winが絶対的に存在する。勝つための目標のためには技術の向上も不可欠なのです。How to useです。目的のショットをどのようにして打つのか、使いこなせるようになる事を目的として最終的な目標である勝つ事に対してのマイルストーンにしていくのです。

戦略を成立させるために

テニスで勝利するためには戦略がなによりも重要だと言われています。しかしここで確認しなくてはならないことがあります。戦略を成り立たせるに十分な技術は持っていますか?ショットの完成度が低いのにも関わらず高度な戦略を取ろうとしてもそれは絵に描いた餅になってしまいます。試合では失点となってその積み重ねは試合で負けるという事を意味しているのです。

戦略を幾つも知っていても、それを成立するための技術力が無ければ試合に勝つことが出来ないのです。

しかし、殆どのプレイヤーは技術力がまだまだ未熟なのに関わらず、高度な戦略に挑戦しようとしているのです。戦略のための技術、基本とも言える技術を向上させる事が戦略でミスする事無く、そして勝利へと導く近道なのです。