ラケット軌道に目を奪われてはいけない

選手やコーチのプレーを見る時、ついついラケットの動きに目を奪われやすいものです。従来のテニス教材の多くもラケットの軌道について説明しているものがあります。ラケットヘッドが弧を描く様に、ループした軌道で、振り子のように、車のワイパーのように、などといった具合に。

ラケットを使ってこのような動作イメージでスイングしてもらった時に、皆が同じ身体操作にならないことに気づきます。ラケットをイメージどおりにスイングしているつもりなのに、身体の使い方が違うことで、イメージ通りにラケットが動いていないこともあるのです。

肝心な事は身体の使い方であり、その結果がラケットの軌道に現れてくるのです。理想的なラケット動作を再現するためにはまずどのように身体を使えばよいのかを学ぶべきなのです。

スイング軌道という言葉がありますが、ラケットのスイング軌道と手首のスイング軌道が異なる場合があります。ストローク、ボレー、サーブでもこの現象は現れてきます。ラケットの軌道を意識するあまり手首の軌道もこれに倣ってしまえば、肝心のラケット軌道が理想から外れてしまうことがあるのです。ですからラケット軌道に惑わされてはいけないのです。

ボレーでは上から下へ切るようにスイングする、これはラケット軌道でしょうかそれとも手首の軌道でしょうか。

ボレーはスイングしてはいけない、これはどの部分のことを言っているのでしょうか。
ストロークでスピンを掛けるときは下から上へスイングすると言われていますが、フレームショットが多い方のほとんどは、下から上へスイングしても良いものと、そうでないものを混同しているのかもしれません。

まずは正しい身体操作に目を向けましょう。ラケットの動きは最適な身体操作の結果なのです