サーブでは腕を振らない

ここではサーブのフォワードスイングにおける腕の使い方について詳しく見ていきます。
肩関節へのストレスを小さくするために、そして旋回力を使ったラケットヘッドの加速を実現するためには上腕は振らないことが重要になります。上腕を後ろから前へと打球したい方向に動かすことは、肩関節へのストレスを増すばかりか、打球の勢いも上げることができません。

ここではフェデラーのサーブのフォームの詳細な三次元分析の結果を元に説明します。


記事の続きを読むためにはログインしてください。
ユーザー登録はお済みですか?