ミスのない力強いバックハンドボレーのヒント

バックハンドボレー特に片手打ちの場合、ミスのない強い当たりを実現するのは難しいものです。

ラケットヘッドを振ろうとして、手首をこねるように使ってしまうケースを多く見られます。このような動作では手首関節が緩みやすく、力の伝達の弱いショットになってしまうのです。また手首のフラつきが大きくなりますので打球時にラケットの中心からボールを外してしまうことも多くあるようです。ラケットフェイスの角度も大きく変化しますので、打球コースも安定しません。手首関節が弱い使い方をしていることからこのようなケースではボールは浮きやすくなるか、またはボールをラケットフェイスの周囲で打ってしまいとても短いボールになってしまうでしょう。これらの現象が重なって片手バックハンドを苦手と考える方が多いようです。

バックハンドボレーで打球精度とボールへの力の伝達を良くするためには次のポイントを意識すると良いでしょう。


記事の続きを読むためにはログインしてください。
ユーザー登録はお済みですか?