「ため」を作るのは止まることではない

良く聞かれる言葉に「ため」を作るというのがあります。具体的にどういった動作を行うのか明確になっていないことが多いように思えます。

多くの方は早く打点に入って止まると思っているかも知れません。止まることはコースを見据えるためと考えるかも知れません。しかし実際の試合展開の中では、打点位置で立ち止まる余裕が殆どありません。余程のチャンスボールでない限り時間的な余裕はなく、止まるということが決して容易でないことがわかります。また足を最後まで動かすという教えもあるように、相反する指導法に躊躇するかもしれません。

トッププロの動作解析を行うと気づくことがあります。それはボールを追いかける、打つ、そして戻るの一連の動作なの中で一瞬足りとも止まる瞬間が無いということ。とはいってもだらだらと動いているわけではなく、メリハリを持って各身体部位がある時は静かにまたある時はダイナミックにと動いているのです。そんな選手の動作を見ていて、タメを作る瞬間が見えたとしたらこう言うことなのではないでしょうか。

federer open forehand

これはオープンスタンスからのフォアハンドストロークの動作の中で、フォワードスイングを始めようとする瞬間です。注目すべきことはこのポーズに至るまでに膝がしっかり曲げられていること(青い矢印)、それから膝と腰部が互いに反対方向へと捻れていることです。膝の屈曲の度合いについては映像とうから見分けは付きやすいのですが、ねじれ方向については案外見落としてしまうものです。そして膝を曲げる、膝と腰部をねじる動作は、フォワードスイングでは一気に反対方向へと転じます。まるで押しつぶされたバネが伸びるかのように、それとねじられたバネが一気に解放するかのように動作し、それが上体の力強い回転へと結びついていくのです。

大腿部の動きである屈曲伸展と、ねじり動作は連動することでより力強さを増します。この大腿部の動きこそが打球動作における力の原点なのです。足を使うこと、つまりフットワーク理論なのですが、足先の動きに目を奪われるのではなく、その根元である大腿部の動きにも目を向けておくとよいでしょう。