浮かないローボレーのヒント

ボレーについてこれまでハイボレー、ミドルボレー、ボディーのボレーを説明してきました。ここではローボレーについて説明します。ローボレーにおいても他と同様に手首関節の背屈がキーになります。まずは一般的にミスをしやすいボレーのフォームを見てみましょう。

上の図のように腰が高いまま低いボールをボレーする場合、手首関節はどうしても伸びた状態つまり中立位近くを使うことになります。なんども説明してきたようにこの手首関節の状態はボールの勢いに対して大変動かされやすく、ラケットフェイスを一定に保つことも、ボールを強く弾き返すことも難しいでしょう。

次に紹介したのが腰を低くしながら手首関節をしっかりと背屈にさせたフォームです。この手首関節の状態であればボールの勢いに負けることなく、ボールを強く弾き返すことができますし、コントロールも向上することでしょう。この手首関節の背屈を保ったまま低めのボールを打球するにはどうしても腰を落とす必要が出てきます。そうでなければボールに届きません。いくら腰を低くしてもこの手首関節が背屈の状態になってなければ、意味が無いとも言って良いでしょう。腰を低く構え打点を前にすることで手首関節は背屈の状態になります。腰が高い場合や打点が自分の足元に近くなってくると、手首関節の背屈が使いにくくなります。このような姿勢で打球したボールは往々にして力弱くなってしまうものです。