バックハンドハイボレー・スマッシュはなぜ背中を向けて打つのか

バックハンド側のハイボレーやスマッシュは、最も力の入りにくく打ちづらいショットと感じることでしょう。ボールがラケットに厚く当たらない、ラケットがうまく操作できない、スイングするにも力が入らないなどといった苦手意識があるでしょう。

バックハンドのハイボレーが苦手とする方のフォームは、上図のようになっていることが多いかもしれません。上体は打球方向に対して横向きになっています。上腕の位置に注目すれば、両肩の延長線上に対して直角に近く、体の正面付近に上腕が出ているでしょう。上腕を体の正面から側方に移動するようにしてラケットをスイングするかもしれません。実際にこのような動作でラケットをスイングしようとしても、なかなか思うようにはラケットを動かすことが出来ません。選手上方から見たときに手首の軌道は肩関節を中心とした円運動になりやすく、つまりラケット軌道が円弧を描き、打点位置がスイング中に横方向に移動しやすいという欠点もあります。バックのハイボレーやスマッシュではミスを恐れてどうしても積極的にボールが打てなくなってしまいがちです。

選手のプレーを見ていると、バックハンドのハイボレーやスマッシュでは打球方向に対して背中を見せるように動作しているのに気が付きます。また打球後には打球方向とは反対方向に体を一回転してレディーポジションに復帰しているのにも気が付きます。これらは何も奇をてらって動作しているのではありません。必要な身体動作を発揮させるためにこのような動きを行っているのです。この図をもう少し詳しく見てみましょう。

打球前の段階では上腕を両肩の延長線上に置くことで上腕及び肩関節のロック位置へとなります。上腕はこれ以上は背中側後方には動かせないでしょう。この上腕位置からラケットをさらに動かそうとすれば、上腕の旋回運動が必然的に使われることになります。これが上腕の内旋から外旋に向けての運動になります。もし上腕が両肩の延長線上のロック位置にない場合は、上腕自体が前後に動いてしまい上腕の旋回運動は発揮されにくいでしょう。このように上腕の旋回運動が積極的に使うことでラケット軌道は打球方向に対して直線的な軌道を描くことが出来、厚い当たりの打球が得られやすく、またスイング軌道の乱れが少なくなることからミスも低減することが出来るでしょう。このフォームを使って打球する際には選手の背中側に打球方向が近くなります。つまり背中を向けるようにして打球するように見えるのです。