チャンスボールのボレーはなぜネットミスになるか、その対処法

ボレーヤーに向かって上がったチャンスボールをボレーで強く打ち込もうとする時に、ネットミスになることがあります。このミスの多くの場合は次の図のようになっているかもしれません。

チャンスボールということはつまり相手ボールの勢いはありません。ボレーヤーの打点も自ずと前になってきます。ラケットは視界の中に入りますので、インパクトの瞬間でボールを見失うことはありませんが、それでもネットミスは頻繁に起こります。手首関節が中立状態になっている場合にこのネットミスの原因の一つになっていると考えてよいでしょう。前にとった打点位置ではこの手首関節を使う限りは、ラケットフェイスは必ず下を向きます。ネット至近でのボレーならばまだしも、ネットからある程度距離が残っている場合では、このようなボレーを行えば、ボールはネットにかかってしまうことは必然です。

このような場合の対処法としてラケットを振らないという指導法があります。ラケットを振らないということは打点が前方に取れませんので、手首関節が中立のままですと、上図左のフォームでボールを打つことになり、これはインパクトの瞬間でボールを見失う原因にもなるでしょう。また手首関節を中立のまま使うということは、相手ボールの勢いに対して、インパクトの衝撃によって手首関節が動かされやすく、ラケットフェイスの角度の保持が難しいため、ボールへの厚い当たりが困難になります。これでは正確性と力強さを両立したボレーを打つことは出来ません。

次に手首関節を背屈(手の甲を手首に近づける)したままボレー動作を行った様子を上図で示します。ボールインパクトの瞬間では打点を前方に取りながらも、ラケットフェイスは下を向き過ぎることなく、ボールをコントロールすることが出来ることが分かるでしょう。また手首関節が背屈になっていることで、ボールの勢いに負けることなくラケットフェイスの角度を一定に保つことができ、ボールへの厚い当たりを実現することでしょう。インパクトでこのフォームを実現できれば、ラケットはスイングすることも可能と考えて良いでしょう。スイングによるラケットの加速と強固な手首関節の使い方を合わせることで、より強力でかつコントロールのあるボレーが打てるようになるでしょう。