オープンスタンスからの動作

 オープンスタンスからのフォアハンドストロークは「正面を向いたままで打つ」ことではありません。オープンスタンスだからと言っても他のストロークと同様にボディーターンの動きを最大限に発揮させることには変わりありません。

 ここではオープンスタンスでのフォームについて足元に注目してみてみましょう。



まずは正しい足の使い方から説明します。左の図中の上では両足のつま先の方向がベースラインに対して平行つまりコートサイド方向に向けられています。このように足の向きがとられていると自然と腰および上体はつま先の向きに倣って、コートサイド方向へと向けられていることでしょう。つぎにボールを打った後では下のように両足のつま先の向きが正面へと向かっています。この時の腰及び上体は正面へと向けられています。ここまでの動きでは上体がコートサイド方向からネット方向へとおよそ90度の角度だけボディーターンがされていることが分かります。このボディーターンの量が大きくなると、フィニッシュの時点での両足の向きは左方向へと変わっていきます。

一方、正しいオープンスタンスでのフォームが出来ていない場合、これは終始正面向きのままで打つということになります。



打つ前の両足のつま先はネット方向に向かっています。この時の腰および上体の向きは両足先の向きに倣いますのでネット方向に向いていることになります。無理に上半身をねじったとしてもその角度はわずかであり、むしろ軸が傾いてしまう(姿勢が悪くなってしまう)原因にもなってしまいます。

 次に打球後の両足の様子ですが、打球前とその向きには変化がありません。つまりボディーターンが極めて少ないと言うことになります。ボディーターンの動きを使わずにラケットをスイングしようとすれば、どうしても手や腕の力に頼らざるを得なくなります。いわゆる手打ちの上体です。これでは力強いボールも、正確なボールコースも実現することは難しいでしょう。

オープンスタンスで打つことは決して前を向いたまま打つというのではないことがわかりましたか。ボディーターンを使ったオープンスタンスでのフォアハンドストロークでは打つ前の足は打球方向に対して横方向に向いていて、腰から上体もしっかりと横向きにターンが出来ています。そしてボールを打つ時には足の向きが正面に向き、同時に腰から上体にかけて正面向きにターンをしその結果として、ラケットが素早くスイングされていきます。