iPhone6のレンズプロテクターに使える100均グッズ

IMG_2860

iPhone6および6Plusでは全モデルよりもさらに薄くなりました。薄型化のしわ寄せはカメラのレンズ部分の出っ張りに現れました。

端末の背面を下にしてテーブルに置いた時に、この出っ張りが邪魔してどうも居心地がよくありません。

カバーやケースをつけることも考えられるのですが、せっかくのアルミニウムボディーによる薄型のデザインを隠してしまうのはもったいないと思い、こんな方法を思いつきました。


半球の透明なクッションを付けています。粘着テープで固定されるので、簡単につけることができます。これを4隅に配置すれば、レンズ部の保護になると同時に、背面を下にして置いた時も端末の座りがとても良くなります。

これによって思わぬメリットも。

薄型化のデメリットはテーブルなどに置いた本体を持ち上げにくいという点です。不安定なまま持ち上げれば手から滑って端末を落としてしまうこともあるでしょう。クッションのおかげで本体が少し浮いたような状態になりますので、指の掛かりがよくなり持ち上げやすくなります。
また滑り止めの効果もあり、テーブルから滑って落ちるというアクシデントも減りそうです。

みなさんもぜひお試しください。

11月 12th, 2014 by admin